D64E89B7-9FBA-46E4-96E1-3ADA9EF67B39

本日9月9日の台湾国内新規陽性者数は4人、死者1人。



デルタ株の市中感染拡大への警戒から、新北市は本日から再び店内飲食を禁止。
張り切り市長がまた張り切ってきたでえ〜もぉ〜〜。
まあ抑え込みできるかどうかが今にかかっているからな。
とりあえず15日までという期限つきですけど、果たしてそれだけで済むかどうか。
規制の変化に次ぐ変化に振り回される飲食店が本当に気の毒です。



陽性者が確認されたマンションでは1棟まるごと400人の住人が隔離施設へ強制移送。
これ自分の住んでるところで同じことになったら本当にたまらんよな。
その場合ペットはどうなってしまうの?
頼むから誰も感染するんじゃねえぞマンション住民…(自分もだけど)


IMG_2834

さて。この前の週末、近くに用事があったついでに桃園市にある「台灣菸酒公司桃園觀光酒廠」(酒造工場)に寄ってみました。
もともとは国営の酒造・タバコ販売会社(今は民営化)で、現在も台湾ビールを始めとする酒類や食品を多数製造しています。




IMG_2838


敷地内には歴史のにおいがする建物。
哀愁という言葉が似合います。

IMG_2837

基本的に古ぼけた建物がぽつりぽつりと建っているだけでメカニックな雰囲気はあまりなく、工場萌えを期待して来るような場所ではなさそう。
でもこの一画はなんとなく魔晄炉っぽく見えないでもないかも。(見えない)

IMG_2839

酒瓶を使ったオブジェとかも適当に飾られていたりしたり。
ば、映える〜。

IMG_2896

製造過程を見学できるツアーもあるらしいですが、土日は工場が稼働していないので平日限定のようです。
じゃあ何が目的で来てん?というとですね

IMG_2841

敷地内の片隅にある、製造品の販売所。
スーパーではあまり見かけないようなアイテムも手に入るとかいう話を聞いたのでちょっと覗いてみることにしました。

IMG_2893

販売所の入り口には「杉玉」が。
自分でいうのもあれなんですけど、私は記憶力は悪くない方。
しかしなぜかこれの名称がなかなか覚えられなくて、1年に1回くらい「あのマリモみたいなやつの名前なんだったっけああああ〜〜〜っっ‼︎」となることがあるんですよね。
すぎだますぎだますぎだますぎだま…もう忘れない。(忘れても生活への支障なんもない)

IMG_2844

錦鯉もいたし、さらにはなぜか忍者まで…
とりあえず日本っぽいもの集めましたというノリかな。

IMG_2846

これとか日本の酒造所感すごいですね。

IMG_2848

もともとは日本統治時代に創立した会社で、現在こちらで作られている日本酒の製造ノウハウのルーツもその頃に遡るということだそうです。

IMG_2880

戦後は国民党政権下で「臺灣省菸酒公賣局」となり、2002年に民営会社化し今のTTLになったということ。
夫の父方のおじいさん(小卒)は国営時代にこちらで定年まで勤め上げたらしいです。
小卒で公務員になれるってすごい時代よな。

IMG_2883

かなり広さのあるショッピングゾーン。
これまたレトロ感にトキメキ!とかいうのとは違う純粋な古さが漂う独特の雰囲気。
傍にちょっとした展示スペースもありました。

IMG_2856

一番有名な商品というとやはり「台灣啤酒(台湾ビール)」ですね。
個人的には18天の瓶のやつが好きです。

IMG_2852

このピンクのラベルの調理酒も有名。
こんなアメリカンなサイズのやつは初めて見たけど。
でもこの調理酒はもうすぐ製造中止になるとかニュースで言ってたような気がする。(違うかもしれません)

IMG_2851

コロナ以降スーパーやコンビニでお馴染みとなった「防疫期間清潔専用」と書かれた瓶入りの消毒用アルコールもこちらの製品です。
なんか見た目が戦時中の支給品って感じがするよなこれ。

IMG_2871

日本酒の「玉泉」。
これもスーパーでよく見かけます。
一回飲んでみたことあるけど普通に美味しかったと思う。(語彙力)

IMG_2886

こちらは初めて見たレトロでかっこいいウイスキー。
昭和のおっさんみたいな味がしそう。

FullSizeRender

その他にもワインやら果実酒やら高級そうな陶器の器に入ったよくわからん酒やらありとあらゆる酒類が勢揃い。
個人的にはほぼ台湾ビールのイメージしかなかったけど、色々作っとるんやな。
酒好きはエキサイト間違いなしの空間でしょう。

FullSizeRender

熱心に写真を撮ってる人がいた高級酒。
こういうのってコレクターがいるんでしょうね。

IMG_2870

こちらは甕入りのお酒。
売約済みの札が貼られています。

IMG_2876

老紅酒っていうのは赤ワインではなく、紅麹をどうにかこうにかした中国酒のことらしいです。
1甕18800元だって。
家でこんなん飲むとか夢があるなあ。

IMG_2887

お酒以外にも、麹にまつわる食品の取り扱いもあり。
塩麹に紅麹トマトジュース。
台湾製の塩麹はなかなか珍しいですよ。

FullSizeRender

そして麹とは関係ない食品の取り扱いもあり。
インスタントラーメンも主力商品の一つなのかな。
数年前に花雕雞麵っていうのがブームになりましたよね。

IMG_2890

さらにはフェイスマスクなどのコスメ、サプリ類も開発している模様…
効きそうっちゃ効きそう。

FullSizeRender

冰棒(アイスキャンディー)なんかもありました。

IMG_2894

パッションフルーツ味と紹興紅豆(紹興酒あずき?)とかいう癖強フレーバーを買ってみました。

IMG_2895

これはパッションフルーツ。
曲がってる。
紹興あずきの方は特に紹興酒的な味は感じなかったなあ…?

IMG_2914

その他にせんべいとかお酢とか色々買いました。
たぶんスーパーで買うよりちょっとだけ安い感じかもしれません。1元とか2元とか。
「黑麥汁」は台湾ではよく飲まれている飲料なんですが、日本ではまったく見ないよなあ。
ビールの原材料の大麦を使った黒っぽい色の炭酸ドリンク(甘い)で、クセもなくてけっこう美味しいですよ。栄養もあるらしい。

FullSizeRender

お酒はスーパーでは見かけたことがない「花。自慢」という日本酒を買ってみました。250元。
天然の桜酵母を使用ということですけど桜酵母って何や?
フルーティーですっきりしててすごく飲みやすい日本酒でした。女性向けな味だと思う。
お米が美味しい国だから日本酒も美味しく作れるんでしょうかね台湾は。

わざわざ遠方から遊びに来るような場所ではないと思うけど、なかなか楽しいショッピングができました。
今度は平日に来て工場見学してみるかな。(しない)



↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村