IMG_4185

本日9月25日の台湾国内新規陽性者、死者は共に0人。


FullSizeRender

さっき台中のロックフェス(無観客)のライブ配信を観ていたら、日本の地下ドルみたいな子達が出演していた。
わずか30分程度の出番のために渡台&隔離とかガッツありすぎやんとか思ってたら、まさかの台湾人アイドルだった…
完璧な日本語で歌ってたからてっきり日本人かと思ったわ。



↑中国語曲のMV

日本の芸能プロダクションがプロデュースした「月宵◇クレシェンテ」というグループだそう。
台湾って日本みたいなブリブリのアイドルグループはいないので、たまにはこういうグループがあってもいいんじゃないですかね。
そういえばTPE48ってどうなったんだろう…


IMG_3936

西門町ぶらぶら中。
大型カラオケ店の「星聚點」も、ニュースで報じられていたとおり閉店してた。
週末はロビーが人で溢れかえるくらい賑わってたよなあ。

IMG_3935

一棟丸ごとテナント募集となっているビルがあちこちで目立つ。
これからももっと空き家が増えていくのだろうか。

IMG_3954

個人的に西門町で一番フォトジェニックな場所だと思っている一画。

IMG_3956

不規則に飛び出す看板、宙に浮いているかのよう。
五福娯楽広場という高齢者向けの非常に怪しげな娯楽施設で(中にはそれなりに健全なカラオケスナックや雀荘などもあるとは思うが)、今はコロナで全面営業停止中みたいです。
さすがに入ってみる勇気はないけど、外観が香港みたいでかっこよくていつも気になってしまう。
でもいずれ今いる高齢者がいなくなったらなくなってしまうんだろうな。
今のうちにたくさん写真を撮って残しておこう。

IMG_3922

暑すぎて死にかけてきたのでちょっと誠品に避難。
西門には2軒の誠品デパートがありますが、個人的には本屋で涼むためくらいにしか立ち寄らない場所です。
ファッション関連のテナントはかなり若者向けな店ばかりなんだよな。
西門は若者の街ですもんね。

FullSizeRender

ほあんばおだ〜。

IMG_3950

誠品書店では立ち読み(座り読み)が公式に容認されていて、専用の椅子も準備されています。
いつも疑問に思うんですが、実際ここで本を買う人って何割くらいいるんだろう?
図書館がわりにしてる人絶対おるやん…?

IMG_3951

さらにその座席には博愛座(優先座席)まであるという、過激さすら感じる心遣い…誠品は未来に生きている。

IMG_3952

書棚の合間にこじんまりとしたカフェ。
前はなかったような気がする。

IMG_3953

このカフェのテーブルにも、コーヒーを飲みながら本(おそらく会計前のもの)を広げている人々の姿。
これも書店公認なんでしょうね。
サービス精神旺盛で素晴らしいけど、ここで本を買うときは絶対に後ろの方から取るべきだな。

IMG_3595

火來了、快跑」というタイトルの本が目に入った。
火葬場のスタッフの物語かドキュメンタリーか何かみたいです。

「火來了、快跑」というのは台湾の火葬で出棺時に遺族が棺に向けて叫ぶ決まり文句だそうで、義犬とぺろの火葬の時も夫がこれと同じことを言っていた。
ちなみに「火が来るぞ、逃げろ」という意味。
そんなことを最後に叫ぶとかなんか後味悪くね…?と最初思ってしまったんですが、きっと何か宗教的・伝統的に意味がある言葉なんでしょうね。
そうじゃなかったら故人が「お前が火つけたんやろがィィ‼︎」とつっこみ入れるだけになってしまうもんな。
台湾の宗教関連の風習はミステリアスなものが多いです。




↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村