IMG_4643

本日10月6日の台湾国内新規陽性者、死者は共に0人。




10月10日の國慶日(建国記念日)を前に、總統府では6日間にわたってカウントダウン光のショーが行われているそう。
プロジェクションマッピングの中にはオリンピックをイメージした映像も含まれており、今夏の東京五輪入場行進で話題となった「台湾です」の音声が流れるという粋な演出。
成績も史上最高で盛り上がったし、今回の五輪は台湾人にとって記憶に残るものとなったのだろうなあ。



IMG_4488

ベッドの上でくつろぎタイム。

FullSizeRender

一年中窓の外に興味津々。
ほっといたら2時間とかずっと見てるときもあります。
お金のかからない趣味でいいねえ。

FullSizeRender

わあー変な顔。

FullSizeRender

ぬいぐるみみたいなほあんばお。
これ10歳なんだぜ…おじさんなんだぜ…



IMG_4107

さて、夜の板橋。
メガタワーかっこいい。

IMG_4394

最後はMega Cityでパンを買って帰りました。
日系のGino  Pasco(敷島パン)。
全体の店舗数は多くないと思うけど時々デパ地下で見かけます。

IMG_4079

売ってるパンの種類は日本式だけどデカめなのが台湾式。
ベジタリアンミートを使ったベジフォカッチャなどというものを発見。
気になるので買ってみた。

さあパンも買ったし帰ろか…と思ったのだが

IMG_4149

同デパートの1階に、高級食パンの「嵜本ベーカリー」を見つけて足を止めた。
101とか三越とか見事に高級な場所にばっかり店舗オープンしとるな。
でも1斤150元以上の食パンをローカルなエリアの路面で売っても場違いな感じになると思うのでその戦略は正解ですよね。

IMG_4451

大阪発で、確かチーズタルトのパブロと同じ社長が手掛けていると聞いた。
台湾では昨今の高級食パンブームの先駆け的な店だと思われます。
去年は店舗によっては行列ができてることもありましたけど、もうすっかり落ち着いたな。
今や台湾では生食パンやら高級食パンやらはもはや珍しいものではなくなってありがたみが薄れてきてるし、高級とか言いつつ食べてみたらふ〜んみたいなパンもいっぱいあったので正直個人的にはこの手の食パン全体への興味が失われつつある。
だが、しかし…

IMG_4153

台湾高級食パンブーム時代を作ったパイオニア…1回くらいは食べてみないとアカンでしょう!
ということで「奶油牛奶生吐司(バターミルク生食パン)」1斤160元を購入。
ああ高級だねえ。

FullSizeRender

閉店間近だったのでこの時は普通の食パンしか残ってなかったけど、他にも日替わりで数種類のフレーバーがあるんですね。

FullSizeRender

焼印がオシャレ。
さあ、高級食パンの先駆者のプライドを見せつけてみなよ…私を満足させてみなよ…!

FullSizeRender

と、上から目線の舐め腐った態度で食べてみたんですがめっちゃウマイわこれ。
バターの香りと甘味が強い中で、小麦の香りもそれに負けず際立っている。
生のままでも美味しく食べられる味ですが、トーストするとサクサクふわふわの食感と香ばしさが楽しめて最高!
トーストで幸福感を感じたのは久しぶりだったなあ。

一等地にばっかり出店して気取り腐りやがってとかちょっと斜に構えてたんですけど、普通にレベル高かくて感動しました。
台湾で食べられる食パンの中ではたぶんトップレベルなのでは?

IMG_4152

こちらはPascoのパン達。

FullSizeRender

ベジタリアンミートボールのフォカッチャ。
こういうのスタバで食べたら480円くらいしそう。(勝手なイメージ)
変な味は全然しないし食感もほぼ肉。
フォカッチャ自体も美味しい。
でもやはり脳のどこかが「何かが足りません」と信号を発する味なんだよなベジ肉って。
当たり前か…



↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村