FullSizeRender

最近電子レンジを買い替えたんですけど、音が静かで驚いている。
前の電子レンジ「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛‼︎‼︎‼︎‼︎
新しい電子レンジ「ンン…」
くらい違う。本当に。



IMG_7403

ほあんばおの抜歯手術ですが、無事に終了しました。
腕がフライドチキンみたいになってしまったこと以外は特におかしな様子もなくみるみる回復中です。
心配してくださった方、ありがとうございました。

IMG_7408

手術自体は2〜3時間、しかし検査や待機時間を含めると10時間近く病院で過ごしたほあんばお。
本当によく頑張った。今までで一番偉かった‼︎

IMG_7417

全て無事に終わった今は本当にホッとしているんですが、手術前は不安で不安で何日間も眠りが浅い日が続きましたよ。
手術当日は12時に病院で受付。
この時気づいたけど病院の隣の印刷所に「同人誌専門」という表記があるな。
台湾のオタク世界も深い。

IMG_7418

事前の検査では軽度心肥大以外に大きな問題はなかったものの、ほあんばおはもう10歳。
健康な若い犬猫でも死亡リスクのある全身麻酔での手術を受けることは賭けのようなものでもあります。
不安でガクブルしながら受付に呼ばれるのを待っていたら、慰安婦がどうのこうの言ってる番組がテレビで流れててなおさら気が滅入る…!
台北にもなんかあるんですよね記念館がよく知らんけど。

獣医師にほあんばおを預けると、後はもう手術が終わるまでひたすら待機するのみ。
終わるまでずっと病院の中で待っていよう。
そんな覚悟で来たんですが、医師は「外でごはんとか食べてきてもらっていいですよ」とおっしゃる。
ほあんばおのそばにいたいしあんまり食欲もないんだけど…と思いながらも、気分転換に外に出ることに。

IMG_7419

そして病院のそばにあるインド料理屋でお昼ご飯を食べることにしました。
(食欲ないわりに凝ったものを食べようとする)



IMG_7451

店員、なんなら客もインド人の本格的な店でした。
店員は中国語が喋れないので英語でオーダー。
レビューを見てるとどうやら台湾では珍しい南インド料理を出す店だそう。
台湾ではインド料理店自体が少ないですが、その中でも稀少な本格派のお店かもしれませんね。

IMG_7420

お坊さんグループもいました。
インド料理はベジタリアン料理も多いですもんね。

IMG_7266

カレーはともかく、見たことないようなインドの「餅」類やデザートの数々に興味津々。
本格的なわりに価格は思ったほどは高くありません。

IMG_7267

こんなバナナの葉っぱに乗った内容盛りだくさんのセットメニューもあるそう。
しかしほあんばおが生死をかけた手術を受けている最中にこんなテンション高いものを食べるとなんだかバチが当たりそうな気がする…(そもそも異国料理とか食べること自体…)
というわけで単品で控えめに注文することにしました。

FullSizeRender

前菜はこちらの「パニプリ」を注文。
これYouTubeで見て以来ずっと食べてみたいと思ってたんです。
日本のインド料理店でもなかなかお目にかかれないメニューなのでは。

IMG_7276

中が空洞になっている煎餅のようなものに穴を空け、冷たいスープのようなものとマッシュポテトのようなものを詰めて食べるという謎まみれの料理。
ミント風味っぽい爽やかなスープでかなりさっぱりした味。
すごく美味しいものでもないけど前菜としてはいい感じですね。
パニプリ、こんな味だったのかあ…と積年の疑問が成仏した思い。

FullSizeRender

メインにはバターチキンカレーと豆ペーストカレーをー注文。
ご飯が台湾型になっている!
チキンカレーのチキンが歯がいらないくらい柔らかく煮込まれていて美味でした。
比較的あっさりしていて生姜の味が強く、自分が食べ慣れたバターチキンカレーとはちょっと毛色が違いましたがこれはこれで美味しかった。
本場はこんな感じなのかな。
豆カレーは豆の味でした。(雑な感想)

IMG_7283

最後にチャイで一服。甘くてスパイシーで美味い。
しかしこうして私達が異国情緒に浸っている間にほあんばおは…
と考えると落ち着かず、チャイを飲み終えるとさっさと店を後にしました。
しかし手術終了までにはまだまだ時間がある…さて次はどこへ行く。



↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村