FullSizeRender

また台湾はわけのわからない商品を…と思ったらこれ、米マクドが主体で「日本の二次元作品でよく見られるマクドのパロディ店」をフィーチャーしたプロモーションってことみたいですね。
おもしろ〜。

IMG_3838

台北地下街のお気に入りドリンク店TTI。
マンゴーミルクが販売開始していたので飲んでいきました。
思いがけず店員に日本語で「お待たせしました」と声をかけられ驚いた。
そんなに挙動不審だっただろうか…(日本人全員が挙動不審みたいな言い方)

FullSizeRender

ガチャもチェック。
ちいかわ本当に増えたな。
500円のものが250元(1200円)、暴利だぜ。

FullSizeRender

こっちは300元。
あまりにも暴利…ッ‼︎‼︎

FullSizeRender

奥の方まで歩いていくと、何か違和感。

FullSizeRender

そんなはずは…と一度来た道を引き返してもう一度確認したんですが、やはりなくなっている。
メイド喫茶と執事喫茶が。


FullSizeRender



FullSizeRender

Googleマップでも閉業になっていた。
かつて3軒あったはずなんですが、全て閉店してしまったようです。
夫の再就職希望先(執事喫茶)が…

老舗店だし台北地下街の大きな特色とも言えるアイコン的な店(だと勝手に思っていた)なのにこんなあっさりとなくなってしまうとは、一つの時代が終わったような無常さを感じます。
結局一度も行かずじまいだったなあ。
台北はメイド喫茶はじめコンカフェがけっこうたくさんあると思うので、競争が厳しい世界なのかもしれないですね。






↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村