日本の地下鉄車内で、スーツケースを持ってドア付近に立っていた外国人観光客を下車する日本人が押しのけるという光景を見て、「日本人は自分の権利が侵害された時相手に遠慮しない」と感じたという台湾人の意見を取り上げたネット記事を目にしました。
私はそんなことしないわよ‼︎‼︎と反論したい気持ちもありつつも、「同じ状況下で台湾人なら『通してください』と声をかけるだろう」というのは激しく同感。
確かに台湾で電車に乗ると、「不好意思、借過(すみません通してください)」という声が度々聞こえてくる。
前頭葉が死んだみたいなばばあやじじいに押しのけられた経験もあるけど、その時も邪魔〜みたいに何か言葉を発しながら押し除けられたと思う。
日頃から台湾ではポジティブ、ネガティブどちらの状況であっても人々がインタラクティブだと感じることが多く、一方日本では知らない他人とコミュニケーションするものではないという空気が感じられ、国民性の違いを体感する。
日本人は皆んなコミュ障ですもんね。(お前と一緒にするな)





IMG_4739

霊峰楽天ゾゾアマゾン
日本帰国の初日はこの山を崩す作業で終わる。
いつか親が死んで実家がなくなったらこのように通販の荷物を送りつける先がなくなってしまうな…
古くても小さくてもいいから日本に生活拠点が欲しいと思う。

FullSizeRender

日本に帰国した時に驚くことの一つ、100均の進化。
帰国するたびに「何これ⁉︎」と驚かされる新たな有能商品と出会い感動します。
よくこんなものを商品化してくれた…っ

FullSizeRender

キャラものやこういうコラボ商品も輪をかけて充実しているなあ。
楽しすぎてほぼ毎日100均に通い詰めており、セリアのジングルが一日中頭から離れない。

FullSizeRender

逆に残念な驚きといえば、わらび餅のようじがお得感と環境を守るためになくされていたこと。
これじゃあ家でしか食べられないじゃないですか。
出先でこれを食べようとしたことはないけど……






↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村