炎上してるNIKEのCM、あれを見てNIKEの靴を買おうと思う日本人がどれだけいるんやろうなあ。
日本で黒人にあからさまな差別感情を持っている人など一般的ではないと思うし、街中で外国の民族衣装着てる人がいたらそりゃあ目立つでしょうよ。私は外国で和服を着て歩こうとは思いませんが。
日本人に対して偏った見方をしている企業なのだと思われても仕方がない演出だと感じましたよ。

差別は当然よくないが、どこの国にも大なり小なりあることで、異民族同士が接触し続ける以上はなくなることはない問題だと思う。
猿真似や原爆Tシャツで日本人を馬鹿にした韓国人だっているし、すれ違いざま日本人にイエローと叫んでくる黒人もいるだろうし。
でももちろんそんなことをするのはその民族全員ではなく一部の人だろうし、ましてや日本なんてごくごく一部の人でしかないと思う。
そういう一部の人間を誇張して、日本は特に差別主義者が多い国だというイメージを植え付けかねないプロパガンダのようなCMを世界的に有名な企業が作るというのは悪質では。
今履いているNIKEのスニーカーを履き潰したら同社製品はもう二度と買わないと思う。




FullSizeRender

さて、11月のある日のこと。
台北を離れ、トンネルを通り東へ颯爽と走っていきます。

 FullSizeRender

颯爽と走ったのは最初だけで、程なく渋滞に巻き込まれました。
ノロノロ運転を何十分か続け・・・

IMG_0552

雄大な山脈と一面田んぼの景色が見えてきました。
この日向かった場所はというと

IMG_0557

宜蘭縣の「羅東(ルオドン)」です。

IMG_0562

夫のおばあさんの葬儀がふるさとの宜蘭で行われることとなり、せっかくなので前日に宜蘭を観光しようと夫が提案し、この日羅東に1泊したのでした。

葬式の前日に観光とか不謹慎⋯?
ええ⋯⋯夫も私も元来不謹慎なタイプなんです。
というのは冗談で、おばあさんは90代で大往生でしたし、夫も常に心構えしていたようで大きな衝撃というのもなく終始落ち着いたものでして。(死去から葬儀までは3週間もの期間が置かれていたし)
夫は幼少期台北を離れて宜蘭でおばあさんとおじいさんに面倒を見てもらった時期があるそうで、宜蘭は第二のふるさと。
葬儀の前に思い出の地を訪れ、感傷に浸りたかったのかもしれませんね。
おばあさんと暮らした場所は羅東鎮ではなくその隣の宜蘭市だったらしいが。

IMG_0564

まずは早速ホテルにチェックイン。
こちらのHERB ART HOTEL樂亞香草藝術旅店というホテルを予約してきました。
建物は古さがありますがリノベ系ホテルで、オープンしてまだ何年も経っていない模様です。
羅東駅からも徒歩圏内の便利なロケーション。





IMG_0596

お隣にはゲーセンかボウリング場の廃墟が。
手を加えずにそのままお化け屋敷として利用できそう。

IMG_0595

さらに斜め向かいは小鋼珠(パチンコ)と、アクの強い建物に囲まれています。
台湾の地方都市に来ると必ずこういうパチンコ店を見かけますね。台北では見たことない。

IMG_0710

夜になるとギラギラ光り輝いていました。
ほとんどお客さんは入っていない様子だったけど。
なお大阪との関連性は不明。

IMG_0833

さて、ホテルのフロントはこのようなこじんまりとした感じ。
女性店員が一人で受付していました。
外から見た感じ建物はそんなに大きくなかったので、フロントが一人で回せる程度の部屋数なのでしょう。

IMG_0598

エレベーターの会社は世界のKawaki

IMG_0703

中に入ってみると、外観よりずっとモダンできれい。
そして思っていたよりは部屋数がある。

IMG_0684

ツインの部屋。
ほぼネットの写真で見たとおり、オシャレできれいです。

IMG_0688

照明などのセンスがとてもよくて、古い施設を上手くリノベしているなあと感心。

IMG_0695

まだ新しいので清潔感もあるし、1泊1500元程度のわりにはいい感じではないでしょうか。
唯一難点を上げるとすれば防音かな。
廊下にいる人の息遣いが感じられるレベルでした。

IMG_0690

さらにうれしいバルコニー付き。
台北の安ホテルではなかなかない采配です。

IMG_0692

バルコニーから見えるのは、羅東の絶景パーキングビュー。

IMG_0700

夜になると夜空にきれいな三日月が見えました。

IMG_0687

お茶類は簡易的。
心遣いだけでもありがたいです。

IMG_0696

バス、トイレは若干使用感が出てましたがまあまあきれいな方でしょう。
バスタブとトイレの間はガラス板で仕切られているのですが、半分だけなのでシャワーの飛沫がじゃんじゃんトイレ側に飛び散る仕様。
台湾のバスルームはトイレ側にも必ず排水口があるので水がかかっても問題ないんですけどね。

IMG_0698

アメニティは日本語入り。

IMG_0706

ホテルの設備は簡易的ですが、一応小さなジムと洗濯室もありました。

IMG_0707

さらにフロントに言えば自転車を貸してもらえるらしい。
なかなかできるホテルじゃないか・・・!
ただこのホテルの周辺は結構車も多くて路上駐車も多くて、道がサイクリングにはあまり適していないとは思いましたが。

IMG_0832

一番「このホテルできる!」と思わされたのが朝食。
朝食付きであることを最初知らず、朝はマクドでも食べるかと思っていたので全然期待していなかったのですが、結果的に朝食がとても良かった。
ジムルームの隣に設置された朝食会場に朝7時のオープンと同時に乗り込むと、そこはまるでカフェのような明るくておしゃれな空間。

IMG_0821

バイキング形式の朝食です。
こじんまりしたホテルのなので種類はそんなにないだろう・・・と思って期待はしていなかったのですが

IMG_0824

サラダ、フルーツ、お粥など、最低限の物は揃っていました。
キチッと美しく並べられていてホテルの気合いが感じられます。

IMG_0823

蒸したての饅頭なども。
蒸籠に入っているとすごく美味しそうに見えますね。

IMG_0826

炸饅頭(揚げた饅頭)もある。
よくレストランで練乳をかけて食べるやつです。
練乳は用意されてなかったけど、そのまま食べてもジューシーでウマイ。

IMG_0825

台湾ならではの滷肉もある。
簡易的ではありますが一つ一つ丁寧に作られている印象で、予想外に素敵な朝食バイキングでした。

IMG_0828

なんかオシャレなカフェのブランチみたいやないか!
(奥の方に写る夫の皿の上が茶色の食べ物ばかり・・・)

揚げた饅頭が油吸っててホント美味しくてついおかわりしそうになったわ〜。
でもこの後すぐおばあさんの葬儀が控えていたので、さっさと食べ終わってホテルをチェックアウトしました。

値段のわりにオシャレで設備もバッチリで、なおかつ朝食もGOOD。
けっこう高コスパな宿だったと思います。
有名な羅東夜市も歩いてすぐの距離にあって非常に便利だったし、羅東観光の際にはおすすめのホテルです。





↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村







台湾旅行ランキング