宜蘭旅行に出発する前夜、かなりでかい蜘蛛を家の中で見つけたんですが、夜中だったしドタバタ捕獲するのもアレなのでもうええかとそのまま放置して、翌朝にはもう見つからなかったからそのまま家を出たんです。
そして旅行から帰ってきたら、床にバラバラになった蜘蛛の無惨な姿が・・・
こういうことするのは、たぶんほあんばお。
思い出したくもないけど、以前瀕死のゴ◯ブリ咥えてたこともあアアアアアアーーーッッ!!!(甦るトラウマ)

本当に猫ってハント能力エグいですね。



IMG_0839

さて。葬儀が無事終了し、帰路につく前にちょっとだけ宜蘭市の市街に寄り道。

IMG_0836

宜蘭市は全体的な街の雰囲気としては羅東と大差はありませんが、大きめの新しいショッピングモールがあったりしてちょっとばかし都会的かな・・・?
くら寿司とかヤマザキパンとか入っていて便利そうなショッピングモールでした。

IMG_0840

そのすぐそばには「神農青舍」という文青のにおいがするホテル兼レストランが。
外観からしてオシャレですね。
中山の誠品にあるオシャレスーパー神農生活の運営会社と関連があるのかなあと思ったんですが

IMG_0854


この通りが神農路というみたいなので、それにちなんだ店名というだけかも。
台南にも神農街という場所があるし、神農ってなんか縁起のいい言葉だったりするんですかね。

IMG_0841
 
火車の駅が近いので、ホテルもちらほら。
「くら」って何?

IMG_0855

通学カバンの裏に竹が立て掛けてあるなあと思ったら、さとうきび。
店の中で絞り機にかけていました。
珍しい光景です。

IMG_0856

就寝中のオウム。
台灣でオウム飼ってる人の多さは異常。


さて、宜蘭市に立ち寄った目的はと言いますと・・・

Point Blur_20201205_135754

こちらの、変な日本語が書いてあるパン屋さんです。

IMG_0834

「奕順軒」という宜蘭発のチェーン店の有名なパン屋兼お菓子屋で、宜蘭に来ると必ず立ち寄ります。

IMG_0845

普通の菓子パン類も充実していて美味しそうですが

Point Blur_20201205_135553

こちらで有名なのが菓子類とケーキ。
地元の人にも観光客にも大人気みたいで、店員の数も多くて活気があります。

Point Blur_20201205_135817

無料のお茶と各種商品の試食も用意されていてとても太っ腹。
そういうところも高評価の理由の一つでしょうね。

IMG_0849

こちらは最大の看板商品「芋頭奶凍捲(タロイモパンナコッタロールケーキ)」ですね。
試食でかくね?

IMG_0850

ロールケーキはタロイモ以外にもイチゴ味とかもあるんやね。
前回食べたタロイモ味がとても美味しかったので、今回もタロイモにしとこ。

Point Blur_20201205_135859

本当に大盛況です。
余談ですが、ここの女性店員の制服が日本だったらフェミニスト達が発狂しそうな膝上ミニスカート。
台灣って特に接客業はミニスカートの制服が多いように思う。(郵便局すらも・・・)
女性の社会進出が活発な台灣ですが、そういう部分の不満の声は上がらないのかなあとちょっと不思議です。

FullSizeRender

さて、購入したのは「軽芋奶凍捲」と「小切達乳酪(チェダーチーズ餅)」。
家に着いて早速いただきました。

IMG_0869

こちらの奶凍捲は「軽」芋となっていて、通常のタロイモ味と比べてライトな風味らしい。

IMG_0910

タロイモのパンナコッタのロールケーキ
っていう概念がいまいちピンと来なくて、最初こういう商品があると知った時は「何やねんその謎な組み合わせのケーキ」と私も首を傾げたものですが・・・一口食べたら誰しもが「え・・・?タロイモとパンナコッタとロールケーキの組み合わせ最高じゃん」と開眼すること間違いないと思います。
これ本当に本当に美味しい。
まず生地がもっちりしてるんですよ。パスコのもっちりロールの生地みたい。
そんなもっちり生地でフレッシュで濃厚な生クリームとクリーミーなパンナコッタを包みこんだらどうなると思いますか?
ーー奇跡が誕生するんですよ。
生地とクリームとパンナコッタそれぞれの美味しさの三重奏、そこにほんのりと主張するタロイモの後味がオリジナリティを与えた奇跡的な完成度・・・これは神スイーツと言っていい気がする。
今回久しぶりに味わってみてそのレベルの高さを再確認しました。
宜蘭に来たら絶対買っていくべきお土産だと思います。

IMG_0868

チェダーチーズ餅は、前回食べて美味しいけどでかいなと思っていたら、便利な小分けの小サイズが登場してました。

DSC_4145

しっとりした生地にチェダーチーズ餡とお餅が包まれている独創的なお菓子。
ちょっと食感はもっさりしてますが、オイリーでとてもリッチな味わい。
他のお店ではなかなかない味だと思うので、こちらもお土産にぴったりではないかと。
奕順軒、宜蘭旅行にお出かけの際は是非お立ち寄りください。




おまけ

IMG_1151

こちらはお土産ではないが、羅東夜市でゲットしたクレーンゲームの景品。
台北のクレーンゲーム機と違って並べ方がザルで取りやすかった。
大物が取れて喜んだんですが、よく見ると・・・

IMG_1152

中 韓 版

キエエエエーーーーーーッッッ!!!!






↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村







台湾旅行ランキング