IMG_3918

夫が悪霊への供物だと言い張って嫌煙していた「發糕」。
気になったので結局買ってみました。

IMG_3919

普通の黒糖蒸しパンって感じで美味しかったです。
しかし糖分やばそうで悪魔的ではあるな。



Point Blur_20210211_234405

さて。
衝撃的に美味なかき氷を味わった後、引き続き淡水の海沿いを散歩。

 Point Blur_20210211_234620

淡水って老街とこちらの海沿いの道二手に屋台がぎっしり並んでいて、本当に食べ歩き天国だな。
昼からやってる夜市みたいな雰囲気です。

Point Blur_20210211_234230

淡水名物?として有名な巨無霸霜淇淋(超ロングソフトクリーム)。
10年くらい前に一度食べたことがあるけど、めちゃくちゃ味薄くてシャーベットみたいだったという記憶です。

Point Blur_20210211_234317

長ァい!!
果たしてこの女性は食べ切ることができたのだろうか…

Point Blur_20210211_234445

海鮮系は似たような屋台がいくつも並んでる。
多分そんなに新鮮なやつではないと思うけど、それなりに美味しそう。

IMG_3685

海沿いの道には大道芸人の姿も必ずある。
この人本気で生命感を感じなかった。プロだな。

Point Blur_20210211_234647

絵描きもたくさんいます。

Point Blur_20210211_234713

こっちは「複製手」…?
手を型取ってその場でオブジェにしてくれるみたいです。
なんかちょっと怖いような。
手の主が亡くなった後とか絶対捨てられない品になるだろうな。

Point Blur_20210211_234745

またまた絵描き。
似顔絵って描いてもらったことないので、実は以前からちょっと気になってはいた。

Point Blur_20210211_234835

せっかくだしこの際描いてもらっちゃおうかなあ。
しかし描いてもらうにしても、海沿いの道には全部で何人いるか把握できないくらい絵描きがたくさん。
絵のタッチもそれぞれなので自分の好みの画風に描いてくれそうな人を見極めるのが難しくて、誰にお願いしようか決めかねる…
一人とても写実的なタッチで上手に描いてる人がいたのでその人にしようかなと思ったんですが、前の客を描いてる様子を観察してたら描きながらマイクで「理想の世界というのは!!宇宙が〇〇でウンタラカンタラ!!」と電波な演説してたのでやめておきました。(描かれてる客は苦笑いしながら聞いてた)
真の芸術肌タイプと見た。

Point Blur_20210211_235045

厳選した結果、クセがなさそうだったこちらのおじさんに描いてもらうことにしました。(絵柄ではなく、人柄にクセがないという意味)
料金はカラーの二人分で600元でした。
描いてもらってる間どんどんギャラリーが増えていき、動物園のゴリラになった気持ち。
しかし本当にあっという間(ものの5、6分)で二人分のカラーの似顔絵を描き上げるのだから、プロってすごい。


そして仕上がった似顔絵がこちら……!!


FullSizeRender

夫似すぎでワロタ。

FullSizeRender

っていうか

FullSizeRender

_人人人人人人人人人_
  > こ れ じ ゃ ん  <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄



ぶっちゃけ私の方はそこまで似てない(全体的に忖度されてる)と思ったんですけど、夫の方は一切の忖度がなく個人を特定されるレベルの激似で爆笑でした。
まあ、どこにでもいそうな顔の私と比べて夫は結構パーツに特徴があるので描きやすさに違いがあったかもしれないな。
むしろ写真より似てるくらい…やはりガチのプロはすごい!

自分的にもいい記念になったし、これは台湾旅行の時に描いてもらったらすごく思い出に残るのではないかな。
コロナ終息後の台湾旅行では、ぜひ淡水で似顔絵体験を。




↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村