習近平の悪口喋ったらアカウント停止って、わかりやすすぎなのでは…
メディアが急に持ち上げ出したものって大体何かあるよな。
中共と一切繋がりのないSNSって存在するのだろうか?



IMG_4073

さて、旧正月初ニの夜。
台北駅で素晴らしい香港料理を食べた後、再び徒歩で西門町へ。

IMG_4075

途中で通りかかったホテルのバー?の看板がオシャレ。
この時は営業はしていないようでしたけど。

IMG_4076

西門町に戻って来ました。
時刻は午後8時を回ったところ。夜になっても相変わらず賑やかです。

IMG_4077

怪しげな「89元均一」のお店ができていて、ちょっと覗いてみた。
自動開閉の折り畳み傘が89元て安〜。

IMG_4078

スマホグッズや日用品などいろんな商品があって、多くはパッケージに簡体字が書かれていた。
どうやら全て中国デザイン&製造の商品みたいでした。
すごく安いんですけど、どこか変な感じがする商品が多かった。
89元ではとても作れそうにないやけにしっかりした玄関マットとか、武器になりそうなくらい重い(でかい)テーブルクロスとか…
なんか不穏な背景を感じたけど、折り畳み傘だけ買ってみました。
自動開閉と謳いつつ畳む時は渾身の力を込めないと戻らないやつで、力の強い者にしか使いこなせない代物でした。
まあ、期待はしていなかった。

Point Blur_20210218_134908

ちょっと喉が渇いたので、その89元ショップの向かいあたりにあったドリンク店でなんか買うことに。
初めて見かけたお店。「署茗職茶」という店名らしいです。

Point Blur_20210218_135118

!?

ーーえ。
ここ、ドリンク店だよな?

Point Blur_20210218_135032

と一瞬狼狽えてしまったほど、一般的なドリンク店とは様相の異なる店内。
何この洒落たカウンター!?
キッチンが見当たらないんだけど、どこでドリンク作ってるの?

Point Blur_20210218_135056

壁面には爽やか企業PR動画みたいな謎のイメージ映像が投影されているし、何なのだこのスカした空間は。
一見するとドリンク店ではなくアップルストアか何かみたいな…まあ多分そういうコンセプトを狙っているんだろうな。
ドリンク界のアップル目指してます感がすごく出てまず。
まあカラーリング的にアップルというよりはシャオミーか。
復刻系的な渋めのドリンク店が流行っている昨今においてこういうシンプルでスマートな印象のお店は珍しいので、人目を引くという点では成功してますね。

IMG_4083

しかし肝心なのは商品。
さぞかしドリンクも「うちは他と違うんで」的な意識高メニューが揃っていることでしょうね…と期待してメニューを開いてみたが、そうでもないかも。
よくあるチーズティーやらフルーツティーやらごく普通やないか。
カウンターの背後の壁に「我不害怕跟別人不一樣(私は他の人と違うことを恐れない)」などというメッセージが書かれていたけど、これじゃあ自分だけが特別だと思ってる痛い十代みたいですね。(悪口やめろや)

IMG_4084

ちなみに内湖発のお店らしい。店舗はまだそんなに多くない模様。

FullSizeRender

なんかあんまり魅力的なメニューがなかったので、一番写真映えしそうだった「烏蘇拉氣噗噗」というソーダ飲料を注文してみました。75元、価格にも意識の高さが反映されている。
紫色の部分はゼリーで、下の方に梅干し?みたいなものが入っていたけど底が深いのでどうやって食べればいいかわからなかった。
映えに全振りした普通のソーダでしたけど、きれいでいいと思った。

夫はタピオカミルクティーを注文していたが、そっちも若干お茶の味が濃いかなくらいで至って普通だった。
決してマズいわけではないので、意識高そうな雰囲気で変にハードル上げないで普通に売ればいいんじゃないでしょうか。
まあそれだと売れないか…

Point Blur_20210218_141143

昼間以上に激しさを増した人波。
これは何かの大道芸を取り囲んでいた人々。
春節中はコロナ対策として「混雑エリアマップ」なるものを政府が公開していたそうで、西門はずっと赤信号だったとか。

Point Blur_20210218_141306

ドンキもまだまだ大行列。2時間待ちだとか言っていたので、この時もまた諦めた。
でもね、いいんです。この日の私には楽してドンキに入店するための綿密な計画があったから。
計画の全貌は次回明らかに…!(しょうもないことをいつまでも引っ張る)

Point Blur_20210218_154953

旧正月だっていつもと変わらぬ賑わい。
西門町に休みはありません。





↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村