IMG_5582
 
ぺろがお世話になっている動物病院には複数の獣医師がいるんですが、一人の先生が今回の台湾鉄道事故で亡くなったことを昨日知った。
直接診てもらっていた先生ではないけどきっと病院内で顔を合わせたことはあると思うし、すごくショックです。
ご遺族や同僚の方々の悲しみはもちろん察するに余りあるが、猫を2匹飼っていらっしゃったとのことで猫達のことを思うとなお居た堪れない。 
今後二度とこんな事故が起きないように鉄道の安全管理が徹底されることを願います。



IMG_6168

さて、永康街に行ってきました。

IMG_6174

鼎泰豊は待ち時間ほぼなし。
まだ晩ごはんの時間帯にはちょっと早かったからかもだけど。

IMG_6170

こちらは去年か一昨年かにもともとある鼎泰豊の道を挟んだ向かい側にオープンした新店舗。 
鼎泰豊は台湾人人気も高いので、コロナ禍でもなんだかんだ安泰そう。

IMG_6171

そしてこちらは、帰ってきた「高記」。
もとの店は建築上の問題で去年夏頃に唐突ながら惜しまれつつ閉店。
またいつの日か永康街に戻ってくることを望む声が上がっていたが、意外とすぐ戻ってきたーー。

IMG_6172

平家建てで、以前のお店と比べるとかなり質素な雰囲気になりました。
でも美味しさはきっと以前と変わっていないはず。
場所は新生南路沿いで東門の駅からはちょっと遠くなりましたが、海外往来が再開したらきっとまた多くの観光客が足を運ぶことでしょうね。


IMG_6173

帰宅時間だったので学生の姿も多数。
台湾の中高生の姿は素朴でかわいい。

IMG_5949

昨年末に閉店したアイスモンスターの跡地には、まもなくカフェか何かがオープンする様子でした。

IMG_6175

もともと高記があった建物は今は住宅展示場になっていて

IMG_6176
 
担仔麺の「度小月」も撤退してシャッターが閉まっており、永康街を象徴するお店がどんどんなくなって景観が変わってきた。 
度小月の店先にいた鯉はどこに行っただろうな…

IMG_6178
 
そんな中でもこの蔥抓餅屋台は人気をキープ。

IMG_6186

消えゆく永康街マンゴーかき氷屋最後の砦の黄色い店もなんとか頑張っている。
この店がなくなったらもう永康街が永康街でなくなりそう。

IMG_6179
 
蒸し暑くてちょっと歩いただけで喉が乾く季節になりました。
偶然通りかかり店名が気になったこちらの「東海萊姆(ライム)店」というドリンク店に立ち寄ってみました。



IMG_5992

店名が示す通り、ライムを使ったジュースの専門店らしいです。
ライムってこんな見た目しとったんか。

IMG_5987

店内の壁にはお店を紹介された時の記事が。
自家栽培のライムを使用しているようですね。
こだわりが強そうです。

IMG_6182

メニューはひたすらライムジュース。
果物酢やその他のフルーツとミックスしたフレーバーなど、ありとあらゆるライムジュースが大集合です。
髪型が特徴的な老闆ともう一人女性店員(奥さんかも)二人でやっていて、老闆が「これはちょっと酸っぱいよ」「砂糖は〇分糖がおすすめだよ」などと丁寧にメニューを解説していてとても時間がかかる親切な接客。

IMG_5988

カウンターに水槽が置いてあって、てっきり魚がいるのかと思ったらウーパールーパーだった。

IMG_5991

気持ち悪いけど顔が可愛いなあー!
ウーパールーパーを唐揚げにして食べさせる店が日本のどこかにあったなと、ふと嫌なことを思い出してしまった。

FullSizeRender

「萊姆草莓(ライムいちごジュース)」を「半糖」で、とオーダーしたところ、老闆は「全糖のやつを試飲させてあげよう。それから決めな」と言ってくれた。
でも半糖でいいですと言ったのだが、老闆は「どうせ暇だし試飲させてやるよ!飲んでから決めなよ!」と強制的に気前よく試飲のジュースをこしらえてくれた。(ちなみに後ろにはお客さんが一人並んでいた)
しかし試飲のジュース作るのにまあまあ時間がかかってて…後ろの客に申し訳なくなった。
こだわりだけでなく押しも強い店だった。

FullSizeRender

全糖で作ってもらったライムいちごジュース。(Lサイズ120元)
ライムの酸味が全面的に出ていて甘みはさほど感じませんが、いちごの果肉がごろっと入っていて超フレッシュ。
酸っぱくて爽やかで、暑さにやられた時や疲労回復に抜群に効きそうな味でした。
いつもはタピオカドリンクやクリーム系のお茶ばかり飲んでいますが、たまにはこういう健康的なフレッシュジュースもいいですね。



↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村