FullSizeRender

124万回分のアストラゼネカ製ワクチンを積んだ日航機、先程(台湾時間14時)台湾桃園空港に到着。


_人人人人人人人人人人_
  >  は や い 
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


寄贈を検討か、というニュースが数日前に出たばかりだったのにこんなにスピーディーに実現するとは…日本政府、やるときはやるな。

FullSizeRender

この迅速な提供実現の裏には水面下で働きかけた安倍前首相の存在があると報じられていますね。
っぱ安倍さんよ。

IMG_9484

輸送日が6月4日(天安門事件の日)」ということに、台湾ネットはちょっとざわついている。
さらには便名と本来の到着予定時刻も天安門事件を暗示しているんじゃ…とも。
まあ偶然かもしれないけど中国煽るためにわざとやってるんだったら高度やな。

台湾では現在国内で接種が行われているアストラゼネカ製ワクチンの他にモデルナ製ワクチンも輸入済みですが、その数はわずか15万回分と伝えられています。
民間の会社(ホンハイ)や宗教団体も独自にワクチンの購入を試みているというニュースもあるが、手続きや制度が複雑でなかなか難しいそう。

そこにこの日本からの迅速なワクチン提供は願ってもみない出来事で、台湾政府にとっては本当にありがたいことではないでしょうか。
副作用に関してはさまざまな見解がありますが、陽性者数、死亡者数ともに増加傾向にある今、このワクチンで救われる台湾人の命もきっとあることだろう。



台南市長は、寄贈されたワクチンは在留日本人への優先接種をという考えを表明しているという。
そうなったとしても遠慮する人が多そうな気がするけど。
今回寄贈されたワクチンの使用期限は10月までとのこと。
接種できる病院を増やして全国でスムーズに接種が進むといいですね。

FullSizeRender

この一回きりではなく今後も引き続き台湾に提供かと朝日新聞は報じているとのことで。
そうなればありがたい限りですね。
っていうか「兵庫縣生技廠商生産」って、日本のアストラゼネカワクチンって兵庫県産だったんかい!?

義捐金、マスク、ワクチン、お互いが困難に直面する度に助け合う国と国…ああなんて素晴らしい思いやりの世界だろう。
勢いで国交回復しよ?




FullSizeRender

本日6月4日発表の台湾国内新規陽性者数は339人、過去の追加分が133人、死者21人。
苗栗の方でも職場クラスターが発生するなど、感染の広がりを見せています。
ちな衛生福利部長も先程の会見でメッセージボードを掲げて日本ありがとうと謝辞を述べていました。


FullSizeRender

感染拡大で物流に影響が出ている台湾。
ネットショッピングの注文量が爆発的に増えているそうで、特に北部では配達に大きく遅れが生じているようです。

FullSizeRender

物流がパンクしていることで出荷ができず、余った卵を仕方なく地元で1個1元で叩き売りしているという業者も。
他にも果物とかでも同じ状況が起こっているそうです。
これからスーパーの生鮮食品が値上がりしなければよいが…

FullSizeRender

混み合う市場へよう買い物に行かん、という人のために買い物の代行業を始める人も出てきている。
まあウーバーみたいなものか。
台湾人は逞しいですね。




そのウーバーイーツなどのフードデリバリー。
コロナ禍で利用者が激増する中、近頃はその影の部分にもスポットライトが当たっている。
最近とあるマクドナルドの店内で撮影された写真に写っているのは、ピックアップされずに放置されたままの大量の配達待ちデリバリー品。
これがウーバーイーツの配達員達がマクドに対して起こしたストではないかと話題になったそうである。
記事によれば、SNS上では「マクドはドリンクのカップの蓋がクソすぎて配達したくない」「配達料か安すぎるからだ」などの配達員の不満の声も上がれば、「単に忙しすぎてピックアップに行けないだけでは」という見方も上がっていたようだ。
マクドのカップの蓋の品質は知らんが、台湾のフードデリバリーの配達料が全体的に安すぎるのは本当のことで、私も消費者として「ここからどうやって配達員の報酬を捻出しているんだ…?」といつも闇を感じていた。


FullSizeRender
 
私がいつも利用しているアプリの「フードパンダ」では、近場の店であれば平均的な配達料は30〜40元(約120〜150円)といったところ。 
これ、日本ではいかほどのものなのでしょうか…?
もちろん遠方になればもっと高くなるのかもしれないが、わざわざ遠方の飲食店に注文しようとは思わないので自分が利用する時に関しては配達料はいつもこれくらい。
消費者が支払う配送料が全額配達員の懐に入る仕組みだったとしても、1箇所の配達で稼げるのはたった40元。
地獄のような暑さに加えてコロナ感染の危険も伴う今、この扱いはあんまりじゃないだろうかと思う。(と言いつつありがたく利用している私も同罪だが)

ちなみに最近の配達は防疫のためマンションのロビーに設置された棚に商品を置いていく形で、客とは接触しないようになっている。(ただしマンションに一歩入るだけでもQRコードで入場登録しなけれなばらないという面倒くさいことになっている)
スマホはラインとFacebookだけのために持っているアナログ義父(70代)も最近ついにフードデリバリーを利用し始めたそうなのだが、義実家のようなロビーや管理室のないアパートの場合は門の前(地面)に直に商品を置いていかれることもあるそうで、義父は配達の通知が来たら急いで入り口まで受け取りに行くようにしているとのことである。
手渡しするよりは手間も時間も省けるだろうし、感染が収束したとしてもこの配達スタイルが常態化しそうな気もしないでもないな…



IMG_9391

また全聯スイーツ食べました。
老鷹紅豆生乳捲(小豆ロールケーキ)。

FullSizeRender

老鷹紅豆というのは台湾の小豆のブランドだそうです。
クリームもちょっと小豆風味。
ふわふわで美味しかったです。

IMG_9353

またまた荷物が届いた。
なにやら大量に入っているのは…

IMG_9339

フェイスシールド。
最近の夫、ガチでこれを装着して通勤している。
医療従事者でもあるまいしやりすぎやろと最初思ったが、最近はスーパーとかでもこれ着けて買い物してる人普通に見るんですよ…あと透明のゴーグルも。
防護服もよく売れていると聞きます。
台湾人は身を守るためならなりふり構わない。




↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村