FullSizeRender

昨日、コロナ発生前に家庭教師をしていた生徒さんからこんな心温まるメッセージが届いた。
礼儀正しいィィイーーッ!
半年に一度は日本に旅行していた、大の日本好きの彼女。
今は旅行にも行けず日本語学習のモチベーションも下がってると思うんですが、見事な長文で一生懸命考えて打ったんだろうなというのが伝わってきました。
別に私個人は何もしてないですけど、感謝の言葉をもらうとやはり嬉しいものですね。
日本へ届け、台湾人の気持ち!!



FullSizeRender

本日6月10日発表の台湾国内新規陽性者数は263人、死者28人。



FullSizeRender

またまた集会の摘発のニュース。
7人で誕生日パーティーしていた男性達を警察が検挙。
罰金は1人6万元〜です。
住宅っぽいですけど、近隣住民が通報したりするんですかね。




怖いニュース。
昨日台北のテレビ局内トイレで一人のカメラマンが死亡しているのが発見され、その後の検査でコロナ陽性が判明したそう。
普通に出社した後に具合が悪くなって亡くなったということですよね…もしコロナが死因なのだとすれば、短時間の間に体内でどのようなことが起きたというのだろう?
その他の社員にもPCR検査を行ったところ、11人の陽性が判明とのこと。スクリーニング検査を行ったところ11人が陽性だったが、PCR検査では陰性に転じたとのこと。




台湾の立法院がうるさい
という話を昨日したんですが、この動画の右側に映ってる「賴士葆」というしゃがれた声の國民黨議員はとりわけ凄まじい。
喋ってるところがテレビで流れる度に何事だろうかと注視してしまう。
まるで狂った野犬のようだ…家でもこんなテンションなんだろうか。


FullSizeRender

日々加熱するワクチンの話題。
台湾国産ワクチンですが、7月にはできるって言ってたりできないでしょうって言ってたり、テレビのニュースでは情報が入り乱れていて実際のところどうなのかがわかりにくかったのだが、衛生福利部長は8月末までには100万回分用意できると説明している。



この記事がよくまとまっていて参考になった。
要するに国民党的には中国のご機嫌とりがしたいがために国産ワクチンができる前に中国(ドイツ)ワクチンを輸入に持っていきたかったということか。
もちろん表立ってはそんなこと言いませんけどね。
各メディアで国産ワクチンに関して言ってることがバラバラな印象を受けたのには、こういう理由で国産ワクチンのネガキャンが行われていたからという可能性はあるのかもな。

台湾国産ワクチンは現在世界的に接種が行われているmRNAワクチンではなく、日本で塩野義製薬も開発中の「組み換えタンパクワクチン」。
それもきっと副反応や副作用ゼロというわけではないんでしょうが、コロナのタンパク質を注入と聞くと、コロナ遺伝子を細胞に入れるよりは空恐ろしさが少ないかなあ。感覚的に。
私的にはどうせ運命を委ねるならどちらかというと輸入ワクチンより台湾産ワクチンの方が…という気持ちはややあるかもしれません。
何か論理的な理由があるわけではないが台湾は信頼できる国だと思うし、まあ好きだし…言わせんなよ。(言わせてない)



       
さて。
今からもう1ヶ月近く前のことになりますが、台湾でコロナが爆発したあの日の前日、実は私は三井アウトレットを訪れていた。
すでにその時も数日間のうちに1日の陽性者数が2桁台まで増えており、特に北部では「ちょっとさすがにヤバそう」という不穏な雰囲気が漂っていた。
しかし私は「台湾のことだからきっとまたゼロに持っていけるでしょ」と能天気な予想をしていた…
それゆえ金曜日だったこの日は、いつも通り夫とどこかにご飯を食べに行くことにしていた。

IMG_8167

三井アウトレットは、この頃ニュースで公表されていた例の某ロータリークラブ会長(感染拡大初期にスーパースプレッダーとして有名になった人物)の足跡に入っていた場所。
普通の人達なら警戒して訪れないであろう。
しかしアホの夫婦は「逆に客が減ってて安全なのでは?」と考え、アウトレットにごはんを食べに行ってみることにしたのである…
今思えば不用意な行動だったかもしれないが、この時の私はまだ台湾の防疫神話を頑なに信じていて怖さはなかった。
正常性バイアスってやつだ。

IMG_8169

思った通り、館内はかつて見たことがないほどに閑散としていた。

IMG_8171

IMG_8471

IMG_8472

IMG_8474

IMG_8475

IMG_8480

IMG_8481

IMG_8479

館内には、消毒液をあちこちに吹きかけまくる清掃のおばさん、暇そうな店員、デリバリーの配達員の姿だけ。
ここのくら寿司の前に行列ができていない光景を見たのは初めてでした。

IMG_8476

普段なら週末はどの飲食店も混み合うが、この時は当然待ち時間ゼロで選びたい放題。
春水堂に入ることにしました。

IMG_8477

静まり返った店内には3組程度しか客がおらず、ソーシャルディスタンスの確保はばっちり…
店員が手持ち無沙汰にテーブルを消毒して回ってました。

FullSizeRender

メニューを拝見。
えげつない漢字の羅列に目が眩み、メニュー情報がまったく頭に入ってこない。

FullSizeRender

と思ったら写真付きメニューもあった。
春水堂は、タピオカミルクティーをはじめとするドリンクと台湾風の簡餐(軽食類)のお店。
ガッツリ食事目的でやってきたが、ここに来てドリンクを頼まない手はない。

IMG_8184

新メニューという豆乳坦々麺。
ぜったいうまそう。

IMG_8193

ドリンクは醇香奶茶(ミルクティー)にしてみました。
個人的にはフレッシュミルクのやつよりこういう奶精(クリーミングパウダー)を使ったミルクティーの方が圧倒的に好きです。
ミルクティーはこってりしてないと意味がないンだわ。

IMG_8192

黃金香酥雞(唐揚げ)。
すごく目の細かい衣。
サクサクでめっちゃ美味しかった。

IMG_8194

私房肉排蓋飯。
ジューシーな排骨が乗った台湾らしさ満点のごはん。
盛り付けもきれいでいいですね。

IMG_8197

期待の椒麻豆漿擔擔麵(豆乳坦々麺)。
期待通り、見た目通りの味。
まろやかな豆乳と痺れる辣油のハーモニーがよい。
大体の女性が好きなやつだと思う。

IMG_8202

黃金煉乳饅頭(揚げ饅頭)。
私が春水堂で必ず注文するメニューです。
油を吸ったサックサクの饅頭を練乳につけて食べるとか、人類の歴史上で美味しくなかった試しがないやろ。

FullSizeRender

その他にシュウマイとワンタンも注文。
賑やかな食卓となりましたが、軽食店なので一つ一つのポーションは少なめで、全然ぺろっと食べられました。

何を食べても安定のクオリティだったなあー。
40年近く続く老舗であり今もなお老若男女問わずみんなに愛されている理由に納得です。

IMG_8189

去り際に、暇だったのか店員が総出で「謝光臨!掰掰〜!」と気合の入ったお見送りをしてくれた。
がんばって!と心の中でエールを送って店を後にしたが、まさか翌日に陽性者数3桁に爆発、そして飲食店店内飲食禁止へと世間が変わっていくなんて本当に思ってもいなかった。
これが最後のまともな外食になるなんてなあ…!

今はたぶんテイクアウトとデリバリーで頑張っているのかなあ。(アウトレット自体は通常営業しているはず)
味だけで勝負できるレベルに美味しいとは言っても、こういう店はやはり店内でゆったりとお茶を飲みながら食べることに意味があると思うのでどうなっているだろうか。
ぜったいまた食べに行くから、どうかその日までがんばってくれよ…ッ!!

以上、台湾の日常が終わる前日の思い出でした。



↓クリックで応援よろしくおねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村